モノづくりで未來を創る、クリモト

當社取締役會の実効性に関する評価結果の概要について [栗本鐵工所]

お問い合わせ

當社取締役會の実効性に関する評価結果の概要について

2020/06/29


 當社コーポレートガバナンス?ガイドラインに基づき2019年度の當社取締役會の実効性に関する討議、評価を実施いたしましたので、その結果の概要を下記のとおり、お知らせいたします。

1.実効性評価の方法


取締役、監査役全員に取締役會の実効性に関するアンケートを実施し、回答を得ました。このアンケート結果をまとめ、取締役會における分析?討議を通して、當社取締役會の実効性に関する評価を行いました。

評価対象期間:2019年4月1日~2020年3月31日
評価者:全取締役および全監査役(11名)
アンケート質問の大項目:全21問
1.取締役會の構成
2.取締役會の役割
3.取締役會の運営
4.コーポレートガバナンス?コード対応
5.総評

2.取締役會の実効性に関する分析および評価の結果


 當社取締役會においては、提案された議案に対し、社內?社外の區分なく積極的な意見交換および建設的な議論がおこなわれ、また監査役の確認行為や意見表明も踏まえ、意思決定がおこなわれております。
 以上より、當社取締役會は、當社コーポレートガバナンス?ガイドラインにおいて定める「當社および當社グループにおけるコーポレートガバナンスに関する基本的な枠組みおよび方針を定めること」、「當社グループの持続的成長および中長期的な企業価値向上に資するコーポレートガバナンスの実現を目指すこと」という目的に則り、取締役會ならびにその諮問委員會の役割を適切に果たし、有効に機能しているものと判斷いたしました。


3.今後の課題、取り組み方針


 當社取締役會は、実効性評価に関するアンケートを通じ、下記事項を課題として認識し、引き続き取締役會として議論し、改善に向けて取り組んで參ります。
1)取締役會の機能を果たす上で経験?知見?専門性等の多様性の維持に向けた最高経営責任者を含む経営陣幹部等のサクセッションプランについて取締役會による適切な監督と実施の支援。
2)重要な案件については、社外役員に対し、補完會議での社內議論に関する情報提供の充実化を図り、業務執行にかかる決定?監督の実効性を向上させる。
3)中長期的な観點から経営課題を議論する機會を増加させ、持続的成長に向けた経営戦略議論や、資本コストを意識した事業の効率性?収益性の向上に向けた議論の充実。


これらの施策を通じ、取締役會の実効性の向上に努めて參ります。

以上

カテゴリ:企業情報

打麻将怎么胡 全国统一开奖的高频彩网站 (^ω^)MG欢乐骰子乐_最新版 31选7开奖11185 浙江20选5中几个有奖 (*^▽^*)MG酷犬酒店首页 娱乐平台(拉菲) 安徽25选5开奖结果 (^ω^)MG富裕人生奖金赔率 大乐透彩票停售通知2020 千禧3d试机号关注码 吉林快三开奖结果查询今天 (*^▽^*)MG财富之都游戏规则 后5连码的人民币 (*^▽^*)MG疯狂赌徒2送彩金 排列七走势 白小姐统一资料图