モノづくりで未來を創る、クリモト

奈良県広陵町における管路DB方式 基本協定を締結 [栗本鐵工所]

お問い合わせ

奈良県広陵町における管路DB方式 基本協定を締結

2020/04/14

上水道老朽管路耐震化の設計?施工一括発注案件
管路DB方式を関西エリア初締結

 株式會社栗本鐵工所(代表取締役社長:串田守可)を代表企業とする共同企業體(以下「當企業體」)※1は、奈良県広陵町事業部上下水道施設課が設計?施工一括発注方式(管路DB方式)※2で発注した「広陵町馬見南 配水本管布設替耐震設計?施工業務」について、公募型プロポーザル方式による審査に基づき4月13日付で基本協定を締結しました。

1.事業概要

 事業名稱?。簬诹觐R見南 配水本管布設替耐震設計?施工業務
 事業方式?。涸O計?施工一括発注方式(DB方式)
 業務內容?。涸O計、工事監理業務、施工業務、他
 契? 約? 者? :栗本?潮技術コンサル 共同企業體

2.背景

 広陵町事業部上下水道施設課は、水道事業における最重要基幹管路である真美ヶ丘配水場に直結する配水本管耐震管布設替事業を実施するにあたり、民間の高い技術力による安全や品質の確保、工期短縮等によるコスト削減が期待できる管路DB方式を導入されました。
 これを受け、當企業體が地震などの災害時でも管路機能が損なわれないGX形ダクタイル鉄管の使用、「VT型通水バタフライ弁」等による濁水対策、神戸市水道局他4社で共同研究を実施している「水道管工事施工管理システム(水道版Photoruction(仮))」を導入することなど、同町の最重要管路の耐震化を安全かつ効率的に実施する形の提案を行いましたところ、最優秀提案者として選定され、基本協定を締結する運びとなりました。

※1 共同企業體
栗本?潮技術コンサル共同企業體

株式會社栗本鐵工所
(代表取締役社長:串田守可 本社:大阪府大阪市)
株式會社潮技術コンサルタント
(代表取締役:武田康夫  本社:奈良県香芝市)
※2 管路DB(デザインビルド)方式

従來個別に契約していた管路の「設計」、「施工」、「材料調達」などの業務を一括で契約する発注方式。 一括契約することにより、発注者側の発注業務削減、請負者側の年度末など、時期による業務集中の緩和などが期待できます。

3.事業期間

 2020年4月13日~2021年6月30日

 當社は、今後も人々の生活を支える上水道という社會インフラの維持更新に向け、ダクタイル鉄管の管材メーカーとして材料の安定供給に加えて、これまでに培われた信頼、ノウハウを活用し、調査、設計、施工といった幅広いソリューションを提供してまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ
株式會社栗本鐵工所 鉄管事業部 管路ソリューション部
電話 06-6538-7615

■印刷用

奈良県広陵町における管路DB方式 基本協定を締結

カテゴリ:技術情報

打麻将怎么胡 山东老11选5视频直播 麻将赌博游戏技巧_点进进入 秒速时时彩软件下载一点击进入 广东快乐十分彩票停售 体坛网七乐彩走势图 500万彩票比分直播 夸克币交易平台 免费棋牌代理 四川麻将怎么胡牌 福建时时彩88期 在一个彩票平台刷流水单违法吗? 顶呱刮彩票app 北京快中彩 股票分析 注册微信捕鱼送体验金 现在玩高频彩的人多吗